« 大阪杯、ダービー卿チャレンジトロフィー2013予想 | トップページ | トレーニング再開 »

2013年3月31日 (日)

今治花見ポタリング

AM7:00起床 身体がダルイ 得意のダラダラをしてしまい、結局スタートしたのがAM9:00を過ぎていました 曇天で余り気温も高くなかったので、遅いスタートが正解と自分に納得しながら出発した 結構肌寒い 信号機で停まっていると、警察が見えて、此処で信号無視は出来ないなと、偶然左側を見ると桜が目に入った 予定になかったが寄ってみる事にしました こんな処が自転車の良いところです 海禅寺でした 近くにこんな場所があった事に驚き 身近に桜があるのは良いものです

001 002

また少し走ると今治北高校に到着 北高の横の鳥居から桜を望む 奥に高井城が見えてなかなか良い

003 004 005 007 008

006

北高の塀から桜がはみ出して、川の横の道が、桜の回廊の様に続いていて、自転車で通り過ぎると、かなり気分が盛り上がる

009

317号に出るとすぐに別宮大山衹神社の桜に到着 横の別宮山南光坊も桜とのコントラストが美しい

010 011 012

317号を挟んで前にある森見公園も桜が並んでいてなかなかですよ

013

今治城に向う 堀を渡る橋も桜があり趣き深い 桜と城はやはり似合いますね~ 桜と今治城を見ながら酒を飲むのはやはり日本人冥利に尽きると思います

014 016 017 018

015

38号線を頓田川河川敷に向う途中の橋から桜を望んだ

019 020

頓田川の堤防に沿って植えられている約2000本のソメイヨシノやヤエザクラが咲き誇る満開の桜並木は見事でした 桜も舞っていて、かなり趣きがあり、桜のトンネルを自転車で抜けるのは気分が良いですね~

021 023

022

024

025

鹿ノ子池公園に行く途中間違って登って見つけた一本桜 見事な枝振りで天祐寺の前にありました すんなり行くより偶然見つけた時の感動はありますね~ 人生と同じで、寄り道しましょうか? それも13%勾配を登っていて、もうやめたと足を着いて振り返ったら偶然立派な桜があったという瓢箪から駒状態

026

オバちゃんと少し話し込み、聞いた通り走ると、鹿ノ子池公園到着 池の側のシダレザクラの湖面に向い垂れている様は良いですね~

028 029 030 031

027_2 

玉川湖に向う 自転車では昨年水ヶ峠トンネルに行った時以来2度目ですが、317号は初めはずっと僅かな勾配で登る 厳島神社からは急に勾配がきつくなり、6~8%が続くし、結構長い 体重増しているので、やはり坂は辛い 登板能力を戻すには痩せる事が命題となる 何とか登り切ると桜が見えて、駐車場も確認出来た 遊歩道があり、皆さん歩いているので我路も歩く 見事な桜と湖との調和に暫し見惚れる 黄色の絨毯に映える桜色・・・美しいですね~

032 033 036 037 039 040 041 042

034

035

038

043 044

さて戻ります 殆ど下りですので快調に走れた 最近自動車通勤しているのは、右膝を休める為ですが、やはり右膝の状態は芳しくない 今回のポタリングで解ったのですが、四万十・足摺 無限大チャレンジライドのダメージが未だに響いているのが、情け無いとしても現実 そろそろ右膝が完治するのは相当に時間が掛かる事を認識する必要があるかもしれません 阿蘇ツーリングに間に合うかは・・・相当に厳しいかもしれません

PM0:00に宿舎に到着しました ギリギリの時間 午後から実家に帰る必要があったので、よく間に合いました さて来週も出来たら花見ポタをしたいと思ってます 今度は今治以外で予定しています この時期だけのスペシャルな企画なので”何時行く””今でしょ!”状態ですよ

今回気付いた事は、今治は結構桜が多いという事です 走っていると、写真は撮ってないが、驚く程に色々な場所で桜が咲き誇っている事に気付いた 桜が溢れる街は、ある様で無いというのは、転勤族である我路だからこそ解る 

桜を愛でるには今治は侮れない

合計距離 40.30km

合計所要時間 2:07:32

平均速度 19.0km/h

最高速度 51.7km/h

合計上昇量 293m 

|

« 大阪杯、ダービー卿チャレンジトロフィー2013予想 | トップページ | トレーニング再開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/187895/57077904

この記事へのトラックバック一覧です: 今治花見ポタリング:

« 大阪杯、ダービー卿チャレンジトロフィー2013予想 | トップページ | トレーニング再開 »